So-net無料ブログ作成
- | 2013年12月 |2014年01月 ブログトップ
前の10件 | -

【北海道】知床の絶景 ~ 知床五湖・カムイワッカ・フレペの滝 [北海道]

今回の絶景は、北海道の『知床』です。

知床はユネスコの世界遺産に登録されています。
 
 冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れる。
  ↓
 この流氷により大量のプランクトン、サケなどの豊富な魚介類が生息する。
  ↓
 サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒグマやオジロワシなどに食べられる
  ↓
 ヒグマ・オジロワシの排泄物・死骸が、植物の栄養素として陸地に還元される

このような、海と陸との食物連鎖を見ることのできる貴重な自然環境が残る点が評価されたそうです!
そのため、海岸線から約3 km沖まで登録地域となり、日本で初めて海洋を含む自然遺産になったんです。

本当にここの生態系・自然すべてが重要で残すべき対象なんですね。
またそれらの絶景がすごいんです。
たぶん一回では紹介しきれない気がしています^^


知床は「知床八景」という有名な景観が8つあるので、それを中心に紹介していきますね。

1.知床五湖
まずは写真を見てください♪

00057[知床五胡].jpg

00058[知床五胡].jpg

00061[知床五胡].jpg

00062[知床五胡].jpg

どうですか?!
ため息がでるほど美しいですよね♪

ただこの知床五湖。ヒグマの良好な生息地なんです。
00063[知床ヒグマ].jpg

なので、我々はそこにお邪魔させ てもらっているという 本当に自然を大事にしている場所なんですよ。

なので高架木道で自由に行き来するか、受付をとおって地上遊歩道を歩くか。
地上遊歩道はヒグマの活動期の場合は引率者が必要となります。
本当に自然が主役なんです。
だからこそ、人も自然の一部になれるのかもしれませんね♪



2.カムイワッカ湯の滝

活火山である知床硫黄山の中腹から涌き出る温泉が川に流れ込み、川全体が流れる温泉のようになっていて
とても不思議な光景です。

00064[知床カムイワッカ湯の滝].jpg

そして、ここは混浴の温泉になっているんです♪
00065[知床カムイワッカ湯の滝].jpg

大自然の中で温泉につかれるって素敵ですよね!

・・・でも、世界遺産に登録されたことによる観光客の増大と
落石の危険性から、今はかなり立入規制があるみたいです。



3.フレペの滝

この滝には川がないんです!
知床連山に降った雪と雨が地下に浸透し、垂直に切り立った約100mの断崖の割れ目から流れ落ちています♪
川がない滝ってみたことありますか??

ホロホロと流れ落ちるさまが涙に似ていることから、地元では「乙女の涙」という愛称でも親しまれているんですよ。

そしてこのフレペの滝があるところがまた素敵なんです!
00066[知床フレペの滝].jpg

どうです?まるでラピュタの世界ですよね!

船から見るとこんな感じです。

00067[知床フレペの滝].jpg

川がないのに滝がある。
「理由はない、ただ泣きたいから泣く」ということなんですしょうか、乙女の涙といわれる所以は♪
乙女がなぜ泣くかなんて説明つかないですもんね^^



と八景のうち3つを説明するだけで長文になってしまったので
今回はここまで^^
また残りを説明するから楽しみにしていてくださいね!


知床はこの辺です




nice!(83)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【埼玉県】長瀞の絶景 ~ ライン下り・かき氷 [埼玉県]

今回の絶景は、埼玉県の『長瀞』です。

秩父にある長瀞は川下りで有名ですよね♪
ここは日本百景にも、平成百景にも選ばれている絶景ポイントです。
その他にも日本さくら名所100選・国の名勝・天然記念物等にも選ばれているそう。
本当にXXX100選とかって多いんですね^^
今度さくら名所100選も調べてみますね♪

00046[長瀞].jpg

00047[長瀞].jpg

小舟にゆられて美しい風景の中を進んでいくのは癒されますよね!

ここにはいくつかポイントがあります。

岩畳(特別天然記念物)
岩が文字どおり畳となって広がる長瀞の中心地です。
ここからの新緑や紅葉の眺めはとてもいいですよ!

00050[長瀞岩畳].jpg

00049[長瀞岩畳].jpg

秩父赤壁
岩畳の対岸にあります。
赤壁の名前は三国志で有名な「赤壁の戦い」の赤壁からとっているそうですよ!
あの赤壁同様に絶壁であり、高さ100メートル、幅500メートルの壮大な景色です。

00048[長瀞秩父赤壁].jpg


ポットホール
川底のくぼみに小石などがはさまり、渦巻き状の流れによって次第に岩石が削られ出来た穴を
ポットホールというのですが、日本一のポットホールが長瀞にあります。
絶景・・・・というほどではないかもしれませんが^^
00051[長瀞ポットホール].jpg


そんな長瀞にいく交通手段ですが、実は長瀞もSLが走っているんです♪
「都心から一番近い 蒸気機関車が走る」というキャッチフレーズですが
SLパレオエクスプレス号というのが秩父鉄道で走っています。
00045[長瀞].jpg

運転は土日がメインで不定期に走っているので行く際にはぜひ確認してみてくださいね♪


そして長瀞で有名といったら、かき氷♫
絶景から遠ざかっている・・・かもしれませんが、このかき氷もなかなかの絶景ですよ^^
00052[長瀞天然水かき氷].jpg

美味しそうですよね♪
天然氷から作っていて、蔵元がそのままかき氷を出しているのはここ含めて5店しかもうないんです。
これがその作成しているときの写真です。
なんか壮大なかき氷ですよね^^
00053[長瀞天然水かき氷].jpg

このかき氷屋は『阿左美冷蔵』というのですが、
なんと東日本かき氷ランキング3位に入るほどの名店。
夏は本当に長蛇の列になるらしいですが、行く価値はありですよね♪

 阿左美冷蔵
 http://rose.zero.ad.jp/vodka/
 金崎本店
 〒369-1624 埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
 TEL.0494-62-1119 (繁忙時不通)
 営業時間 10:00 ~ 17:00
 ※状況により15:00頃に終了する場合があります。
 定休日 木曜日
  00055[長瀞天然水かき氷阿左美冷蔵].jpg

そんな自然あり、スイーツありの素敵な長瀞。
都内在住の方は、ちょっと足をのばすだけで非日常の安らぎの世界にいけますのでいかがでしょうか?
お薦めですよ♪

国内旅行も海外旅行に比べて決してまけていないですよね!


長瀞はこのあたりにあります



nice!(82)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【北海道】大沼の絶景 ~ 大沼・小沼・SL [北海道]

今回の絶景は、北海道の『大沼』です。

古くは日本が開国した際に、安政五カ国条約にて外人が立ち入れる区画(外国人遊歩地域)に選ばれ
明治天皇も行幸されたことのある非常に歴史がありハイカラな土地。

日本三景は松島、天橋立、宮島ですが、その後大正4年に新日本三景(もうかなり昔の話ですよね^^)を
定めたときに、選ばれたのがこの大沼です。

今日はそんな大沼の魅力をつたえられたらと思います♪

まずは何より大沼の素敵な景色から。

大沼と駒ケ岳
00036.jpg

夕日の大沼
00037.jpg

大沼に通じる道
00038.jpg

紅葉の大沼
00039.jpg

どうですか。
私が説明を書いても、この素敵な風景をうまく表現できない気がしてます・・・。

大沼の絶景は世界でも認められラムサール条約に登録され『国際的に重要な湿地』となっているんですよ!

さて、そんな大沼ですが、
美しい沼の景色以外にも、さまざまなレジャーが用意されています。

 究極のフィッシング「ヘラブナ釣り」
 大沼東岸での「キャンプ」
 湖面を滑るように大自然を満喫できる「カナディアン・カヌー」
 駒ケ岳を仰ぎながら「乗馬トレッキング」
 大沼湖岸沿いを周回する「サイクリング」
 子供連れでも登れる駒ヶ岳への「ハイキング登山」

いずれも自然を満喫できるレジャーがですね♪
また冬になると、ワカサギ釣りもできるんですよ!

ワカサギ釣りは、座りながらのんびりみんなで和気あいあいとでき
釣れた時もウロコや内臓を取ったり3枚におろす必要が無く、そのまま天ぷらや唐揚げにできるし、
なにより氷の上で冬と自然を感じながらできる。
初心者から、家族から本当に楽しめる釣りなんですよ♪

00042.jpg


そんな大沼。
この地に訪れる交通手段もまた魅力の一つ♪
なんとSLに乗ることができるんです。

00043.jpg

函館からでており、ゴールデンウィーク時期と夏休みなど期間限定で1日1往復運行するんです。
(クリスマスの時期も運行していることがあるみたいです)
完全予約制ですので、いかれる方はしっかり予約してくださいね♪

四季折々の楽しみ方ができ、函館からSLも堪能できる。歴史もある素敵な場所、大沼。
北海道に行かれる際には、ぜひ候補の一つとして検討してくださいね

国内旅行も海外旅行に比べて決してまけていないですよね!

大沼はこのあたりにあります。


nice!(55)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【沖縄県】石垣島

今日の絶景は、『石垣島』です♪

石垣島って、何を連想します?
海、沖縄、石垣牛、ダイビング、、、
全てが一級品なんですよ♪

今日はその一部でもお伝えできればうれしいです。


沖縄の島々って名前は聞くけど、よくわからなかったりしますよね。
かくいう私も行くまではさっぱりでした^^
沖縄本島と石垣島って、東京と大阪ぐらい離れているんですよ!

石垣は沖縄県では、沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島です。
そしてすぐそばに竹富島や、「ちゅらさん」で有名になった小浜島が本当目と鼻の先にあり
少し先に西表島がある八重山列島の一つです。
他にも波照間島とか有名ですよね♪

  00027.jpg

最近、空港が新しくなったこともあり今まで以上にアクセスが容易になりました。

やはり何よりもの魅力は海♪
もう言葉で表すのは難しいので、ぜひ写真で癒されてください。

石垣島玉取崎展望台からの朝日
00029.jpg

石垣の海
00028.jpg

幻の島(浜島)からの海
00030.jpg

夕日♪
00031.jpg

今すぐここに行って癒されたくなりますよね。

そんな素敵な海に囲まれている石垣島。
その中でも一番有名な湾が"川平湾"です。
美しいエメラルド色の海と、サンゴ礁。
グラスボード(底がガラスで海の中が一望できる船)にのり海の中をのぞくと、ウミガメに遭遇できたりします♪
潮の流れが速いのと、たぶん景観を守るために遊泳は禁止なんですけど
十二分に満喫ができます。

00032.jpg

00033.jpg


そして、もう一つの魅力はダイビング!
ここはマンタに遭遇できる確率が非常に高い地域なんです。
マンタの道というポイントがあるぐらい。
体験ダイビングの人も遭遇できるという、ほんとダイバーにはたまらないスポットなんです。

00035.jpg


石垣島でのんびり南国気分を味わうでもいいですし、
他の島々に足をのばすでもいいですし、
本当に日常を忘れて癒される空間間違いなしです。
他の島々はまた紹介しますね。

行ったことない人は本当にお薦めですよ♪

国内旅行も海外旅行に比べて決してまけていないですよね!

石垣島はこの辺です。
沖縄本島との距離を確認してください♪




nice!(26)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【山梨県】昇仙峡 [国内]

今回は『昇仙峡』です。

国から特別名勝に指定されています。
全国で35か所しかないんですよ、特別名勝は!
それになんと、平成百景では堂々の2位!
平成百景自体があまり有名じゃないですからすごさが伝わりづらいかもですが^^
でも、1位が富士山でその次が昇仙峡なんてすごいですよね♪


そんな昇仙峡。
素敵な名所はあるのですが、
一番のお薦めはやはり紅葉♪

00022.jpg

『そうだ、京都へ行こう!』ではないんです、昇仙峡なんです♪
他にも、紅葉は素敵なところばかりです。

00023.jpg

素敵な人とこんな場所に一緒にいけたら本当素敵ですよね♪

でも、秋ばかり薦めるのも・・・ですよね。
四季折々楽しめる場所なので、夏とかも素敵です。

ここは、昇仙峡の有名なスポットの1つである『仙娥滝
00024.jpg

夏には夜間ライトアップもあります。
見た目以上に迫力があってとっても涼しいんですよ♪
この滝は日本の滝百選にも選ばれているんですよ


また、絶景なのが山頂から眺める富士山。
2位の昇仙峡から1位の富士山を眺めるなんて本当に贅沢な状況ですよね^^
天気に左右され、見えないことも多いですが、その分見れるときは本当に幻想的なことも多いです。

00025.jpg

まだ行ったことがないという人がいればぜひぜひ行ってみてください♪


昇仙峡はこの辺です~



nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【青森県・秋田県】十和田湖 [国内]

本日は、『十和田湖』。

日本新八景に選ばれた十和田湖。
約9,300万通の候補ハガキのなかから選ばれた8つの絶景の一つなんですよ!
1927年に選出したので、もう100年近く前の話なんですけどね♪

それに十和田湖は奥入瀬渓谷と合わせてですが、平成百景で4位をとっているんですよ!
また国から特別名勝と定められている本当に由緒正しき絶景ですよね♪

日本では12番目の大きさということなので、まだまだ大きい湖がたくさんあるんですね♪
ちょうど青森と秋田の県境にあるので、両方のいいところ取りができるそんな素敵な湖です。

00016.jpg

でも、この県境。実は江戸時代より県境が不明で、2008年の年末にやっと青森・秋田間で合意をして決まったんですって!
廃藩置県が1871年なので、137年間も県境が決まっていなかったなんてなんか不思議ですね♪

十和田湖のシンボルは、高村光太郎の最後の作品である『乙女の像』。
これは、当時19歳のモデルを使い、顔は愛妻(智恵子)をかたどったものなんですよ。

00019.jpg


そんな十和田湖、毎年1月下旬(2月上旬) - 2月下旬には休屋で「十和田湖冬物語」が開催され、
雪像やかまくら、花火などを見ることができるんです。

00017.jpg

00018.jpg

雪の中で光も暖かい感じでほっこりした一時が過ごせそうですよね♪


夏も花火大会(十和田湖湖水まつり)が開催され、規模としてはそんなに大きくないですが
遊覧船から眺めたり、湖畔で眺めたりのんびりできて実に気持ちいです。


また十和田湖まで来るならぜひ寄っていきたいのが「奥入瀬渓谷」です。
00021.jpg

十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmあり、豊かな樹木や数十か所の瀧、
奇岩による千変万化で美しい川の流れがあり、また四季折々の自然美も堪能できるんです♪
新緑は5月~6月、紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬~下旬頃が見頃ですよ。

ぜひ、合わせて日本を代表する景観を堪能してきてくださいね♪


十和田湖はこの辺です。
nice!(28)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【高知県】室戸岬 [国内]

今日は『室戸岬』を紹介します!

日本新八景に選ばれた室戸岬。
約9,300万通の候補ハガキのなかから選ばれた8つの絶景の一つなんですよ!
1927年に選出したので、もう100年近く前の話なんですけどね♪

さて、ここは高知にあり太平洋に面しています。
台風もよく直撃することから、台風銀座なんて言われたりもしているんですよ

ここはやはり朝日が素敵です♪
00014.jpg

こんな素敵な日の出に立ち会えたら、今日も頑張ろう!っていう気持ちになりますよね。

そんな素敵な室戸岬を堪能できる場所があるんです。
最近星野リゾートになったみたいですが、『星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ』

四国は何気に素敵なオーベルジュが多いところで、ここも本当に素敵な場所です。
もし、この朝日をのんびりと120%堪能しつつ、スパや美味しい食事も譲れない!という
贅沢な人がいたら、ぜひぜひ試してみてください♪

この地に伝わる言い伝えを一つ。

 昔この附近に「おさご」と呼ばれた美人が住んでいました。
 そのあまりの美しさに、多くの男たちが朝夕この所に舟を漕ぎよせて来て彼女に愛を求めようとしました。
 彼女はその煩しさに耐えかねて、ついに
  「これから私のようなつらい思いをする娘ができませんように、この室戸には美人が生まれませんように」と
 祈りながら巌頭より身を投げたと伝えられています

その場所がこちら。
00015.jpg

なにか強い意志を感じるオーラがありますよね♪

ただ、その願いむなしくその後もこの地では美人が生まれているとのことですw

言い伝えなども知りながらその土地を旅するのは本当に楽しいですよね♪


室戸岬の場所はこちらです!




【北海道】美瑛の丘 [国内]

こちらの記事は移転しました。

⇒ http://p.tl/uIWU


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【宮城県】御釜 (蔵王連峰) [国内]

今回は宮城県の『御釜(おかま)』です!
ここは蔵王の火口湖で、今もなお硫黄物を噴出しているんだとか。

Zekkei0161.jpg

どうやってできたかというと

  1182年、噴火~~
   ↓
  噴火の爆発で凹地ができお釜状になる
   ↓
  1820年あたりから水が溜まり始める
   ↓
  水の底から火山ガスを噴出し続け今に至る

というかんじだそうです。
お釜の形になったのは800年以上前なのに、水がたまり「沼」になるまで600年も要したなんて不思議ですね。

ここは、蔵王連峰の観光のハイライトとして知られています。
とっても神秘的なエメラルドグリーンの湖面ですよね♪
御釜は太陽光線の当たり方で、さまざまに色を変えるため「五色沼」とも呼ばれているそうです。
名前はちょっと恥ずかしいですけど、景色は本当に抜群なんですよ♪

あ、でもここは例年11月上旬~4月下旬は、蔵王エコーライン ・ハイラインの冬期通行止めに伴い、基本的に見学することができないんです!

もし行く際には、ちゃんと行けるか確認してくださいね♪

「あ~、今は冬で御釜にいけない・・・・」
という方は、蔵王のもう一つの象徴冬の樹氷を見ることができるチャンスです。

山形県山形市では、毎年12月下旬~3月上旬には『蔵王樹氷まつり』をやっています。
上花火など雪と炎のゲレンデ祭典なんですよ~。

もし御釜にいけない場合には樹氷にチャレンジしてみてくださいね~!

00007.jpg



御釜はこの辺にあります!


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【高知県】 奥物部(物部川) [日本の秘境100選]

日本の秘境100選の一つ、『奥物部(おくものべ)

00001.jpg

2006年水質調査で四国首位の清流となったところなんですよ。
紅葉の名所としても知られる原流域に位置する清流と奇岩が連続する別府峡谷では屏風岩、アイノウ釜、紅香橋、ネジレ滝などが名所として知られているます。

こちらは物部川の源流部に広がる美しい渓谷『べふ峡』の紅葉シーズンです。
00008.jpg

こんなところでのんびりしながら、美味しいお魚とお酒をいただけたら、幸せなんでしょうね。
日本人でよかった!と思える瞬間だと思います。


また途中にある轟の滝も日本の滝100選に選ばれている名滝です♪

00002.jpg

この轟の滝は物部川の支流にあり、落差82m(3段)の瀑布がごうごうと水しぶきを上げます。
青く輝く滝壺は魔の深淵となって太古の幽玄をたたえ、玉織姫にまつわる平家伝説の哀れな話も伝わります。
エメラルドグリーンの滝壺が美しい優美で女性的な滝ですよね♪

00003.jpg

またこの物部川の河口は高知のサーフィンのスポットとしても有名な場所です。
地元の方のレベルが非常に高く、近くに公園や展望台があるので
そこから地元の方のサーフィンを見るのも一興なんですよ♪


高知も最近は、空港が新しくなり行きやすくなりましたよね♪
日本酒もお魚本当においしいところがたくさん!
ぜひ四国はお薦めですよ



地図は轟の滝の場所です!



nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
- |2013年12月 |2014年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。