So-net無料ブログ作成

【埼玉県】長瀞の絶景 ~ ライン下り・かき氷 [埼玉県]

今回の絶景は、埼玉県の『長瀞』です。

秩父にある長瀞は川下りで有名ですよね♪
ここは日本百景にも、平成百景にも選ばれている絶景ポイントです。
その他にも日本さくら名所100選・国の名勝・天然記念物等にも選ばれているそう。
本当にXXX100選とかって多いんですね^^
今度さくら名所100選も調べてみますね♪

00046[長瀞].jpg

00047[長瀞].jpg

小舟にゆられて美しい風景の中を進んでいくのは癒されますよね!

ここにはいくつかポイントがあります。

岩畳(特別天然記念物)
岩が文字どおり畳となって広がる長瀞の中心地です。
ここからの新緑や紅葉の眺めはとてもいいですよ!

00050[長瀞岩畳].jpg

00049[長瀞岩畳].jpg

秩父赤壁
岩畳の対岸にあります。
赤壁の名前は三国志で有名な「赤壁の戦い」の赤壁からとっているそうですよ!
あの赤壁同様に絶壁であり、高さ100メートル、幅500メートルの壮大な景色です。

00048[長瀞秩父赤壁].jpg


ポットホール
川底のくぼみに小石などがはさまり、渦巻き状の流れによって次第に岩石が削られ出来た穴を
ポットホールというのですが、日本一のポットホールが長瀞にあります。
絶景・・・・というほどではないかもしれませんが^^
00051[長瀞ポットホール].jpg


そんな長瀞にいく交通手段ですが、実は長瀞もSLが走っているんです♪
「都心から一番近い 蒸気機関車が走る」というキャッチフレーズですが
SLパレオエクスプレス号というのが秩父鉄道で走っています。
00045[長瀞].jpg

運転は土日がメインで不定期に走っているので行く際にはぜひ確認してみてくださいね♪


そして長瀞で有名といったら、かき氷♫
絶景から遠ざかっている・・・かもしれませんが、このかき氷もなかなかの絶景ですよ^^
00052[長瀞天然水かき氷].jpg

美味しそうですよね♪
天然氷から作っていて、蔵元がそのままかき氷を出しているのはここ含めて5店しかもうないんです。
これがその作成しているときの写真です。
なんか壮大なかき氷ですよね^^
00053[長瀞天然水かき氷].jpg

このかき氷屋は『阿左美冷蔵』というのですが、
なんと東日本かき氷ランキング3位に入るほどの名店。
夏は本当に長蛇の列になるらしいですが、行く価値はありですよね♪

 阿左美冷蔵
 http://rose.zero.ad.jp/vodka/
 金崎本店
 〒369-1624 埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
 TEL.0494-62-1119 (繁忙時不通)
 営業時間 10:00 ~ 17:00
 ※状況により15:00頃に終了する場合があります。
 定休日 木曜日
  00055[長瀞天然水かき氷阿左美冷蔵].jpg

そんな自然あり、スイーツありの素敵な長瀞。
都内在住の方は、ちょっと足をのばすだけで非日常の安らぎの世界にいけますのでいかがでしょうか?
お薦めですよ♪

国内旅行も海外旅行に比べて決してまけていないですよね!


長瀞はこのあたりにあります



【北海道】大沼の絶景 ~ 大沼・小沼・SL [北海道]

今回の絶景は、北海道の『大沼』です。

古くは日本が開国した際に、安政五カ国条約にて外人が立ち入れる区画(外国人遊歩地域)に選ばれ
明治天皇も行幸されたことのある非常に歴史がありハイカラな土地。

日本三景は松島、天橋立、宮島ですが、その後大正4年に新日本三景(もうかなり昔の話ですよね^^)を
定めたときに、選ばれたのがこの大沼です。

今日はそんな大沼の魅力をつたえられたらと思います♪

まずは何より大沼の素敵な景色から。

大沼と駒ケ岳
00036.jpg

夕日の大沼
00037.jpg

大沼に通じる道
00038.jpg

紅葉の大沼
00039.jpg

どうですか。
私が説明を書いても、この素敵な風景をうまく表現できない気がしてます・・・。

大沼の絶景は世界でも認められラムサール条約に登録され『国際的に重要な湿地』となっているんですよ!

さて、そんな大沼ですが、
美しい沼の景色以外にも、さまざまなレジャーが用意されています。

 究極のフィッシング「ヘラブナ釣り」
 大沼東岸での「キャンプ」
 湖面を滑るように大自然を満喫できる「カナディアン・カヌー」
 駒ケ岳を仰ぎながら「乗馬トレッキング」
 大沼湖岸沿いを周回する「サイクリング」
 子供連れでも登れる駒ヶ岳への「ハイキング登山」

いずれも自然を満喫できるレジャーがですね♪
また冬になると、ワカサギ釣りもできるんですよ!

ワカサギ釣りは、座りながらのんびりみんなで和気あいあいとでき
釣れた時もウロコや内臓を取ったり3枚におろす必要が無く、そのまま天ぷらや唐揚げにできるし、
なにより氷の上で冬と自然を感じながらできる。
初心者から、家族から本当に楽しめる釣りなんですよ♪

00042.jpg


そんな大沼。
この地に訪れる交通手段もまた魅力の一つ♪
なんとSLに乗ることができるんです。

00043.jpg

函館からでており、ゴールデンウィーク時期と夏休みなど期間限定で1日1往復運行するんです。
(クリスマスの時期も運行していることがあるみたいです)
完全予約制ですので、いかれる方はしっかり予約してくださいね♪

四季折々の楽しみ方ができ、函館からSLも堪能できる。歴史もある素敵な場所、大沼。
北海道に行かれる際には、ぜひ候補の一つとして検討してくださいね

国内旅行も海外旅行に比べて決してまけていないですよね!

大沼はこのあたりにあります。


【沖縄県】石垣島

今日の絶景は、『石垣島』です♪

石垣島って、何を連想します?
海、沖縄、石垣牛、ダイビング、、、
全てが一級品なんですよ♪

今日はその一部でもお伝えできればうれしいです。


沖縄の島々って名前は聞くけど、よくわからなかったりしますよね。
かくいう私も行くまではさっぱりでした^^
沖縄本島と石垣島って、東京と大阪ぐらい離れているんですよ!

石垣は沖縄県では、沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島です。
そしてすぐそばに竹富島や、「ちゅらさん」で有名になった小浜島が本当目と鼻の先にあり
少し先に西表島がある八重山列島の一つです。
他にも波照間島とか有名ですよね♪

  00027.jpg

最近、空港が新しくなったこともあり今まで以上にアクセスが容易になりました。

やはり何よりもの魅力は海♪
もう言葉で表すのは難しいので、ぜひ写真で癒されてください。

石垣島玉取崎展望台からの朝日
00029.jpg

石垣の海
00028.jpg

幻の島(浜島)からの海
00030.jpg

夕日♪
00031.jpg

今すぐここに行って癒されたくなりますよね。

そんな素敵な海に囲まれている石垣島。
その中でも一番有名な湾が"川平湾"です。
美しいエメラルド色の海と、サンゴ礁。
グラスボード(底がガラスで海の中が一望できる船)にのり海の中をのぞくと、ウミガメに遭遇できたりします♪
潮の流れが速いのと、たぶん景観を守るために遊泳は禁止なんですけど
十二分に満喫ができます。

00032.jpg

00033.jpg


そして、もう一つの魅力はダイビング!
ここはマンタに遭遇できる確率が非常に高い地域なんです。
マンタの道というポイントがあるぐらい。
体験ダイビングの人も遭遇できるという、ほんとダイバーにはたまらないスポットなんです。

00035.jpg


石垣島でのんびり南国気分を味わうでもいいですし、
他の島々に足をのばすでもいいですし、
本当に日常を忘れて癒される空間間違いなしです。
他の島々はまた紹介しますね。

行ったことない人は本当にお薦めですよ♪

国内旅行も海外旅行に比べて決してまけていないですよね!

石垣島はこの辺です。
沖縄本島との距離を確認してください♪





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。