So-net無料ブログ作成

【山梨県】昇仙峡 [国内]

今回は『昇仙峡』です。

国から特別名勝に指定されています。
全国で35か所しかないんですよ、特別名勝は!
それになんと、平成百景では堂々の2位!
平成百景自体があまり有名じゃないですからすごさが伝わりづらいかもですが^^
でも、1位が富士山でその次が昇仙峡なんてすごいですよね♪


そんな昇仙峡。
素敵な名所はあるのですが、
一番のお薦めはやはり紅葉♪

00022.jpg

『そうだ、京都へ行こう!』ではないんです、昇仙峡なんです♪
他にも、紅葉は素敵なところばかりです。

00023.jpg

素敵な人とこんな場所に一緒にいけたら本当素敵ですよね♪

でも、秋ばかり薦めるのも・・・ですよね。
四季折々楽しめる場所なので、夏とかも素敵です。

ここは、昇仙峡の有名なスポットの1つである『仙娥滝
00024.jpg

夏には夜間ライトアップもあります。
見た目以上に迫力があってとっても涼しいんですよ♪
この滝は日本の滝百選にも選ばれているんですよ


また、絶景なのが山頂から眺める富士山。
2位の昇仙峡から1位の富士山を眺めるなんて本当に贅沢な状況ですよね^^
天気に左右され、見えないことも多いですが、その分見れるときは本当に幻想的なことも多いです。

00025.jpg

まだ行ったことがないという人がいればぜひぜひ行ってみてください♪


昇仙峡はこの辺です~



nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【青森県・秋田県】十和田湖 [国内]

本日は、『十和田湖』。

日本新八景に選ばれた十和田湖。
約9,300万通の候補ハガキのなかから選ばれた8つの絶景の一つなんですよ!
1927年に選出したので、もう100年近く前の話なんですけどね♪

それに十和田湖は奥入瀬渓谷と合わせてですが、平成百景で4位をとっているんですよ!
また国から特別名勝と定められている本当に由緒正しき絶景ですよね♪

日本では12番目の大きさということなので、まだまだ大きい湖がたくさんあるんですね♪
ちょうど青森と秋田の県境にあるので、両方のいいところ取りができるそんな素敵な湖です。

00016.jpg

でも、この県境。実は江戸時代より県境が不明で、2008年の年末にやっと青森・秋田間で合意をして決まったんですって!
廃藩置県が1871年なので、137年間も県境が決まっていなかったなんてなんか不思議ですね♪

十和田湖のシンボルは、高村光太郎の最後の作品である『乙女の像』。
これは、当時19歳のモデルを使い、顔は愛妻(智恵子)をかたどったものなんですよ。

00019.jpg


そんな十和田湖、毎年1月下旬(2月上旬) - 2月下旬には休屋で「十和田湖冬物語」が開催され、
雪像やかまくら、花火などを見ることができるんです。

00017.jpg

00018.jpg

雪の中で光も暖かい感じでほっこりした一時が過ごせそうですよね♪


夏も花火大会(十和田湖湖水まつり)が開催され、規模としてはそんなに大きくないですが
遊覧船から眺めたり、湖畔で眺めたりのんびりできて実に気持ちいです。


また十和田湖まで来るならぜひ寄っていきたいのが「奥入瀬渓谷」です。
00021.jpg

十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmあり、豊かな樹木や数十か所の瀧、
奇岩による千変万化で美しい川の流れがあり、また四季折々の自然美も堪能できるんです♪
新緑は5月~6月、紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬~下旬頃が見頃ですよ。

ぜひ、合わせて日本を代表する景観を堪能してきてくださいね♪


十和田湖はこの辺です。
nice!(28)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【高知県】室戸岬 [国内]

今日は『室戸岬』を紹介します!

日本新八景に選ばれた室戸岬。
約9,300万通の候補ハガキのなかから選ばれた8つの絶景の一つなんですよ!
1927年に選出したので、もう100年近く前の話なんですけどね♪

さて、ここは高知にあり太平洋に面しています。
台風もよく直撃することから、台風銀座なんて言われたりもしているんですよ

ここはやはり朝日が素敵です♪
00014.jpg

こんな素敵な日の出に立ち会えたら、今日も頑張ろう!っていう気持ちになりますよね。

そんな素敵な室戸岬を堪能できる場所があるんです。
最近星野リゾートになったみたいですが、『星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ』

四国は何気に素敵なオーベルジュが多いところで、ここも本当に素敵な場所です。
もし、この朝日をのんびりと120%堪能しつつ、スパや美味しい食事も譲れない!という
贅沢な人がいたら、ぜひぜひ試してみてください♪

この地に伝わる言い伝えを一つ。

 昔この附近に「おさご」と呼ばれた美人が住んでいました。
 そのあまりの美しさに、多くの男たちが朝夕この所に舟を漕ぎよせて来て彼女に愛を求めようとしました。
 彼女はその煩しさに耐えかねて、ついに
  「これから私のようなつらい思いをする娘ができませんように、この室戸には美人が生まれませんように」と
 祈りながら巌頭より身を投げたと伝えられています

その場所がこちら。
00015.jpg

なにか強い意志を感じるオーラがありますよね♪

ただ、その願いむなしくその後もこの地では美人が生まれているとのことですw

言い伝えなども知りながらその土地を旅するのは本当に楽しいですよね♪


室戸岬の場所はこちらです!





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。